糖尿病にもってこい

糖尿病の予防に最適です。

Tea plantation

桑の葉茶に使用される桑の葉とは、落葉性の樹木「桑」の葉です。養蚕に使われることでも有名で、古代から人々に利用されてきました。若い葉は柔らかく、天ぷらやおひたしにしても食べられます。 桑の葉には、糖尿病の予防になる1-デオキシノジリマイシンという成分が含まれています。1-デオキシノジリマイシンが小腸に辿り着くと、糖質を分解する酵素と結合し、血糖値の上昇をゆるやかにさせます。また、インスリンの過剰分泌も抑制します。 その効果を発揮させるためには、桑の葉茶を食前のおよそ15分前から食中にかけて飲用することが大切です。また、食後に飲用してもその効果はのぞめません。明確な量の規定はありませんが、湯呑み一杯からでも効果はあります。

選び方は自分の好みに合わせられます。

桑の葉茶にはビタミンCやビタミンA、鉄、カリウム、カルシウム、マグネシウム、食物繊維、フラボノイド類といった栄養成分が含まれています。それらの成分がまんべんなく含まれている桑の葉茶を選ぶことが大切です。 桑の葉茶はドラッグストアをはじめ、通信販売、健康食品を扱うお店などで入手することが可能です。桑の葉茶の中には、他の野菜と混ざった青汁タイプのものから、有機栽培された桑の葉100パーセントのもの、ノンカフェインタイプのもの、香ばしさを抑えたタイプのもの、緑茶や麦茶とブレンドして飲みやすくしたタイプのものがあります。 飲みやすさやその他の効能などを考え、自分の好みにあったものを選択すれば、桑の葉茶で健康の増進が期待できます。